皮膚科概要

皮膚は人体最大の臓器で、からだ内部からの水分の喪失を防ぎ、外界からの異物の侵入を防ぐ大切な役割を担っています。また皮膚は内臓を映す鏡ともいわれ、皮膚病変から内臓疾患が判明することもあります。皮膚疾患は多種多様です。順天堂越谷病院の皮膚科では湿疹、かぶれ、とびひ、水虫、ニキビ、タコ、イボなどの一般的な皮膚疾患全般を扱っています。尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、円形脱毛症などに対しては長波紫外線療法を施行し、良好な結果を得ています。ここ数年の治療薬の進歩により、尋常性乾癬や爪水虫に対して新しい内服薬が使用できるようになり良好な成績をあげています。天疱瘡や類天疱瘡などの水疱性疾患や悪性が疑われる皮膚腫瘍の場合、治療を開始する前に、皮膚生検術を行い診断を確定させます。
皮膚に関することならどんなことでもお気軽にご相談ください。丁寧に説明し患者様の同意を得てから治療にあたるように心掛けています。高度で先進的な治療あるいは入院しての手術が必要な場合は、順天堂本院の皮膚科へご紹介しております。

対応疾患

  • 湿疹、かぶれ、とびひ、水虫、ニキビ、タコ、イボなどの一般的な皮膚疾患全般
  • アトピー性皮膚炎
  • 尋常性乾癬
  • 掌蹠膿疱症
  • 円形脱毛症
  • 天疱瘡や類天疱瘡

病気の説明

アトピーは治りますか?

現在の治療ではアレルギー体質を根本から変えることはできませんが、適切な内服、外用治療で日常生活に支障のない程度に皮疹をコントロールすることを治療の目標にします。

夏になると水虫が悪くなります。水虫は治りますか?

薬をしっかり塗れば完治します。見た目がよくなった段階で外用をやめてしまう方が多いので夏場わずかに残った所から再発すると考えられます。ですから冬こそ完全に治すチャンスです。

特殊外来

長波紫外線療法
尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、円形脱毛症などに対しては長波紫外線療法を施行し、良好な結果を得ています。

皮膚科スタッフ

野口 篤

のぐち  あつし 

准教授

平成22年 東北大学医学部卒業
専門 皮膚科

日本皮膚科学会 学会認定専門医
日本乾癬学会
日本小児皮膚科学会


外来担当表

休診のお知らせ

2020年9月3日 更新